即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンの利用限度額が決まる仕組みについて

2010年の貸金業法改正により、年収の3分の1を超える額は貸していけないという総量規制が施行されました。例えば年収300万円の方は100万円までの限度額になります。

ただし、急ぎで医療費としてさらに20万円借りたいという場合は例外規定として認められる場合もあります。住宅ローン、自動車ローン、高額療養費ローンなどは総量規制の枠外となります。どうしても多額の融資を受けたい場合は総量規制の枠にとらわれないのカードローンを利用しましょう。

借入限度額を増額したい場合はそのローン会社と良い関係を作ることです。しかし、初めて借りる場合は限度額はどうしても低くなりがちなので、2回目以降の借入れで限度額を増額するのがコツです。そのために返済日と返済額をしっかり守り、信用を得ることがとても大事です。

会社と会社の関係で考えるとイメージしやすいですが、指定した日まで納品してくれなかったり会社間の支払いが遅れたりすると信用が落ちます。金融業者と借り手も全く同じで、返済が守れないと「この人は返済日を守れない人だな」と信用がなくなります。

・信販会社やクレジットカードのキャッシングは総量規制に引っかかる?

信販系のカードローンやクレカキャッシングは総量規制の対象となっています。例えば年収300万円の方がクレジットカードのキャッシングで50万円利用していた場合、消費者金融カードローンで借りれる金額の最大は50万円までになります。

・カードローンの借入限度額はどのような基準で審査を行っているか?

収入の額はもちろんですが、それより「安定した収入」という点を重要視しています。さらに勤続年数も長いほど評価は高くなります。アルバイトであっても半年は欲しいところです。あとは扶養家族、住居形態・住居年数などもチェックされます

金融業者は第三者機関の個人信用機関を参照できるため、過去の借入れや他社への申し込み履歴なども見ることが出来ます。見落としがちな点として、携帯電話料金や公共料金をクレジットカード払いにしている場合、滞納の履歴があると個人信用が下がりますので限度額にも大きく影響します。

どうしても多額の借入れが必要な場合は銀行カードローンの利用をおすすめします。銀行の場合は総量規制の対象外となるので、消費者金融と比べると限度額は上がる見込みがあります。しかし、審査は厳しいので人によっては消費者金融と同じ限度額を提示されることもあります。

希望の額を借りれないからといって怪しい業者からは絶対に借りないようにしましょう。甘い謳い文句で宣伝をしているところは正規の業者ではありません。CMを流している大手で借りるのが安心です。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top