即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンの歴史について

カードローンの歴史は、1960年代の高度成長期に大阪の貸金業者によって始まりました。

一般の人が銀行からお金を借りるのは難しい時代で、もっぱら質屋などが利用されていたころに、サラリーマンや主婦などを対象に、質草がなくてもお金を貸す業者として登場してきました。

これらは、団地金融やサラリーマン金融などと呼ばれて広まりましたが、高金利で運用されていたため、社会問題として注目を集め、世間的な傾向としては、マイナスイメージが勝っている存在でした。

その後、1980年頃に銀行がカードローンに参入したり、1990年代には消費者金融業者の無人契約機が登場したりして、表舞台に現れます。銀行のカードローンは、景気悪化によって企業への貸し付けの業績が思わしくないことから、個人を対象とした貸し付けをしやすくするために始まったといいます。

銀行の参入により、消費者金融業者も丁寧な説明など接客態度を向上させたりして、イメージアップをはかります。また、キャッシングという表現が使われるようになり、お金を借りることに対する抵抗が薄まってくるのもこのころです。

2006年には、いわゆるグレーゾーン金利を無効とする最高裁の判決が出され、消費者金融業者はそれまでのような高金利な貸し付けができなくなるばかりでなく、過去の取り過ぎた利息についても返還するように命じられます。

消費者金融業者は、窮地に立たされることとなり、銀行との連携が始まるようになります。不当な利息を取られることがなくなったことにより、カードローンは全体として安全に借りられるものと認知されるようになってきます。

銀行のキャッシュカードにキャッシング機能が付いていたり、各種のクレジットカードにキャッシング枠が設定されていたり、カードローンはより身近なものとなっています。

また、消費者金融業者も健全な運用をアピールし、借りやすさなどをセールスポイントとして、独自の位置を確立しています。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top