即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンはランキングを参考にして選ぶのもあり

カードローンを選ぶときにランキングを参考にし、決めるのは間違いではありません。様々なサイトを見ていくとわかりますが、上位には同じような顔ぶれが並びます。サイトの運用者もある程度、調査した上で紹介をしているので、怪しいところを紹介してはサイトの信用が落ちます。そのためランキング上位から選ぶのは正しいと言えるでしょう。

ランキングの多くは同種の金融機関を比較していますが、消費者金融同士を比較しても金利に大差はありません。上限金利を見ても18.0%、17.8%というように微々たる差しかないのです。

大口融資を希望で、カードローンを比較するときは消費者金融だけでなく銀行、信販会社なども比較対象にするべきでしょう。例えば銀行カードローンの実質年率は消費者金融よりも3~4%も低くなっており、14%台以下で借りることが出来ます。

はじめてローンを利用するときは、ほとんどの方は金利の負担をあまり感じません。この理由は借りられる金額が少ないため、利息も小さくなるからです。しかし、利用期間が長くなることで増額融資を受けることになれば、段階的に借入総額は増えていくでしょう。

同金利での借入だとしても、5万円と100万円では利息に20倍の差が生じます。つまりは高額を借りるほど、0.1%の差も無視できなくなるのです。

カードローン選びでは信頼性にも着目し、怪しい業者からは借りないようにしてください。ランキングサイトに掲載されているローンに関しては、どれも安全性が高いと考えていいでしょう。怪しい業者がサイトと提携していては、サイト側の信用にも関わってきます。

消費者金融の大手、銀行、信用金庫などはいずれも信頼性が高く、どこから借りても失敗はありません。どの業者から借りればいいかわからないときは、サービス内容で決めるのが一番です

金利が同じなら借入・返済方法が豊富に用意されており、使いやすいものを選ぶとよいでしょう。お金を借りる以上は、少しでも利息を減らせること、無理なく返済できること、などにこだわる必要があります。

返済方法が豊富に用意されているローンは、短期返済をするのに都合がよいです。繰り上げ返済、自動口座引き落としなどが行えるローンが好ましいでしょう。リボ返済に関しては利息が増えやすい返済方法なので、リボ限定ローン以外を選ぶようにしましょう。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top