即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンの一覧だけで選ばないように

どこもかしこもカードローンは一緒といったイメージを持たないようにしてください。お金が必要になった場合に、カードローンの一覧を目にする機会もあるでしょうが、それだけで自分に適した貸金業者を選択することができません。まったく同じように見えても、実は全く違うのがカードローンです。一覧を見て判断をするのではなく、ひとつひとつをみて自分に適したカードローンを見つけるようにしましょう

まず重要視してほしいのは金利です。返済をするときに必ず付いてくるのが利息になりますので、金利が低ければ最終的に返済した金額に影響をすることになります。カードローンのなかでも大きくわけられるのが、消費者金融と銀行カードローンの二つになります。そのなかでも金利が高いのが消費者金融です。大手であれば18%になっています。一方、銀行カードローンとなると14%に落ち着くことも多く、そのようなところで借入をすると、最終的な返済金額が少なくなるでしょう。

また借りやすさにも注目をしてください。お金が必要になったけれど、結局キャッシングができなければ意味がありません。柔軟な審査を実施しているのは、やはり消費者金融になるでしょう。使いやすさも伴って利便性が高い貸金業者になっています。銀行はというと、厳しいイメージがあり消費者金融と比較すると審査が通りにくくなるのは確かです。金利と比較すると相反する関係になっているのが特徴です

金利よりも重視してほしいポイントのように見えますが、最近は消費者金融も銀行も借りやすい傾向にありますので、まずは金利から見ることをおすすめします。その次に借りやすさに着目をすることによって、自分にとって良いカードローンを選ぶことができるでしょう。一覧から選ぶのは、まるで運試しをしているのと同じような感覚で選択をするようなものです。ひとつひとつの貸金業者をよく観察してから、自分に適した貸金業者を選ぶことをおすすめします。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top