即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

携帯電話の割賦支払いとカードローンには関係があります

携帯電話を持っていないという人は、この時代にはほとんどいないといってもよいくらい、生活に必要なものとなっています。一昔前までは、携帯電話の本体の料金といえば1から2万円が相場となっていましたが、近年では10万円にもなるものも販売されています。

そのためこの本体の料金を支払う時には分割払いで購入する人が多いでしょう。以前では携帯電話の契約であれば、審査に落ちてしまうというような人はほとんど見られませんでした。しかし近年では携帯電話の分割購入の際に審査に落ちるという人が増えているのです。

カードローンの審査の場合には、信用情報機関に取引の履歴が記録されます。もしもカードローンの返済において遅延が生じた場合には、遅延したという事実も信用情報機関に記載されるのです。携帯電話の分割支払いもいわゆるローンにあたります。そのため遅延が生じている人に対して、高額な携帯やスマートフォンを販売することは難しいということも出てくるのです。

そしてその反対の場合もあります。以前に携帯やスマートフォンの分割払いを設定し、毎月の支払が滞ってしまい、遅延が続いた場合には、あとからカードローンを申し込もうと思っても審査に通りにくくなります

またカードローンだけにとどまらず、車や住宅のローンの審査にも通らないという可能性も生じてくるのです。スマートフォンなどを購入する際に、実質0円という言葉を聞いたことはないでしょうか。これは実際には0円ではなく、端末の料金を分割で支払っているということになるのです。なぜ実質0円なのかというと、通信費から分割払いと同じくらいの額を差し引いているために、実質0円と言われるのです。

そのためこれらの料金に遅延が生じた場合には、信用情報機関に記録が残るということになります。つまりカードローンであっても、携帯電話料金の遅延であっても、どちらかに遅延が生じれば、どちらか申し込みや審査に影響を及ぼすということになります。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top