即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンには年収が大きく関係する

いまや誰もが利用するこの多いカードローンは、無担保でお金を借りられるため、ちょっと生活費の足しにといった状況や、大きな買い物をする際にも便利です。しかし、カードローンで借りられるお金には限度があり、その限度額を増やすためには増額の申請を行わなければいけません。増額についてとても重要な要素となるのが個人の年収にあたる部分で、カードローン会社は無担保でお金を貸すことになるため、契約者が返済できる範囲での融資となります。そのため、無理のない範囲での返済ができるぎりぎりの限度額を設定することになるため、年収が少なければ限度額も少なくなってしまいます。また、消費者金融では総量規制と呼ばれる賃金業法があるため、年収の3分の1を超えた融資はできなくなっています。

つまり、年収300万円の人は100万円までが融資の上限となっているため、どれだけ増額のお願いをしてもそれ以上のお金を借りることは不可能となります。唯一総量規制の対象外となる銀行であれば、年収の3分の1を超えた融資を受けることができます。ただし、それでも貸し倒れといったトラブルを避けるため、返済に無理のない範囲での設定となることだけは理解しておくべきでしょう。実際にどのくらい借りられるかは銀行の方針によるものなので明確な数字は出せませんが、どれだけ頑張っても年収の5分の2くらいが限度でしょう。また、年収だけでなく資産を有する場合はその点を踏まえた審査が行われるので、予想以上の限度額になることもあるかもしれません。増額はカードローンを契約してからすぐにできるというものではなく、いくつかの条件をクリアしてからでないと受け付けてもらないのがほとんどです。無担保でお金を貸し出しているので、カードローン会社としても無条件で大金を出すわけにもいかず、ある程度の利用実績を作って信用を得なければいけません。少なくとも半年は利用を続け、滞納などトラブルがなく返済しているのを認められてからとなります。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top