即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンで信用できる金融機関といえば

カードローンは悪徳と考える方は減少していますが、一部には悪徳行為をしている闇金も混じっているので注意が必要です。信用できる金融機関は銀行であり、銀行ならどこを利用しても失敗はないでしょう。

ただ消費者金融よりもローン別の金利差が大きいので、よく比較してから選んでください。現在において低金利で借入することは、将来の利息を減らすことになるのです。利息の支払いを最小限に抑えるためにも、初回融資の段階で実質年率何%で借りるかが重要となります。

大手の消費者金融も全般的に信用できるので、消費者金融を利用するなら大手がおすすめです。現実的に見ても消費者金融の利用者の9割は大手から借りています。融資まで早くて、借り方・返し方もより多く用意されているので便利です。

カードローンは借りるときよりも、借りたあとの使い勝手のほうが重要なのです。使いにくいローンだと不便ですし、中にはリボ返済しか用意されていないローンもあります。契約してからデメリットに気づくケースは多いので、事前によくローン比較をして選んでいきましょう。どのような金融機関にも言えますが、メリットはアピールしてもデメリットには触れてこないものです。

最近増えている銀行系のカードローンも信用できるので、消費者金融選びで迷ったら銀行系をおすすめします。
銀行系カードローンは消費者金融と銀行ローンの中間的な位置づけにありますが、正確には消費者金融に分類されます。

総量規制の対象となるため、もしおまとめローンを利用するなら大手消費者金融より銀行がおすすめです。借入・返済方法の豊富さ、スタッフの対応力などに関しては、大手消費者金融は銀行と変わらないものがあります。カテゴリは消費者金融になりますが、性質は銀行に近いのが特徴です。

銀行系ローンの中には、完全に銀行に吸収されて銀行ローンとして生まれ変わった商品もあります。
銀行ローンは総量規制の対象外であり、金利が低いのもメリットです。まとまった借入をすると金利が大きく利息に反映されてくるため、低金利の銀行カードローンがおすすめです。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top