即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンとキャッシングの違いや審査について

カードローンとキャッシングは、言葉の意味としては同じような使われ方をしています。しかし、元々は返済方法に大きな違いがありました。
キャッシングはクレジットカードの機能の一部として備えられ、借り入れ限度額はショッピングに比べ少額に設定され、基本的に一括払いでの返済となっていました。対してカードローンは、大口の借り入れにも対応し、返済方法は分割払いやリボルビング払いが基本です。

このため、クレジットカードに付帯している現金の借り入れをキャッシング、消費者金融など現金の借り入れのみを目的としたものをカードローンと区別することもありますが、現在はリボルビング払いに対応しているキャッシングサービスが多いため、両者の違いは無くなりつつあり、同義的に使用されることが多々あります

カードローンとキャッシングの契約時は、共に債権者による審査が必要となり、早ければ数時間、遅いもので結果が出るまでに数週間程度要します。キャッシングはクレジットカードの付帯機能になることから、クレジットカード発行時の審査となり、カードローンは消費者金融などの店頭やATMのほかオンラインで審査が実施されます。

カードローンは金利が高めに設定されていることから審査が通りやすいと言われていますが、契約時に申請する金額やその他の要因が大きく関わってくるため、状況によって異なります。

審査に関しては、カードローン会社も信用情報機関に登録されている履歴を参照するため、クレジットカードやカードローン、携帯電話の月賦払いなど過去に事故歴があれば審査に影響し、逆に利用履歴があるものの返済状況に問題が無ければ、審査は通りやすくなる傾向にあります

申し込みの際には、年収や債務状況も関係します。年収は高いほど申し込みやすくなりますが、年収が高くても他社からの借入金額が大きいと、審査に通りづらくなるため注意が必要です。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top