即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンを借りるなら低金利が良い

カードローンを借りるならなるべく低金利で借りるのが一番です。借りた金額の返済時にかかる利息負担を小さくするためには、やはり低金利であることが重要になってきます。審査時間や融資対応の早さも借りるときには重要視されますが、返済を考えてカードローンを利用するなら金利が低いところもチェックするポイントになります。また低金利でカードローンを利用する際には、金利の上限と下限を見るだけでなく、利用する限度額における金利を見ておくことが大切です。特に銀行のカードローンの場合、限度額に応じて金利が格段に違いますので、対応する金利隊を見ておかないことには、正しい比較はできないのです。少額に利用の場合でも、金利はカードローンによって異なってきますので、いくら借りるのかを考えて、判断を行います。また通常銀行系のカードローンは目的別カードローンがあり、これは低金利で借りることができます。しかし住宅ローンや教育ローンなどの目的別ローンは保証人を立てなければならず、また使用目的別に応じて必要な書類を提出しなければならないため、誰にでも借りることはできません。

しかしフリーローンの場合には、使い方は自由で制限がなく保証人も立てなる必要もありません。また一定額以下であれば収入証明書の提出も必要ではありません。しかし目的別ローンに比べ金利は若干高く設定されていますが、余裕があるときには指定日以外でも自由に返済できるので、返済が早く終わればその分無駄な金利を支払う必要がなくなるのです。返済方法についても参考にする必要があります。いくら低金利でカードローンを利用するにしても、返済のたびに手数料などがかかるところで利用する場合、その金額が負担になってきます。最近は店舗での返済のほかに、自社ATM、提携現行ATM、コンビニATMなど多彩な返済方法があります。しかし中には時間外手数料などが必要になってきますし、また口座振り込みなどの返済方法でも手数料がかかるので注意が必要です。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top