即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンの金利を安くする方法

クレジットカードに付帯しているキャッシングに比べ、カードローンの金利は若干高めに設定されています。但し、キャッシングの返済方法が一括払いに限定している場合の話で、リボルビング払いのキャッシングとの比較であれば、大きな違いはありません。
大手銀行カードローンの金利はほとんどが2%から17%となっており、金利は借入限度額によって異なりますが、融資額の残高や取引実績によっても変動することがあります。例えば、長期的にカードローンを使用し、問題なく返済を続け信用を築き上げている人であれば、金利が優遇されやすくなり、仮に同じ金額の融資を受けていたとしても返済総額が低くなります。

返済総額には返済方法も影響し、定額払いに比べリボルビング払いの方が返済総額は大きくなります。このため、カードローンを利用する場合は、金利と返済方法の両方について吟味する必要があります。
業者によっては、定期的に金利を低減するキャンペーンを実施しているため、キャンペーン中の業者と契約するのも良い方法です。借入金が少額であれば大きな違いはありませんが、100万円や200万円など高額な融資を受けるケースでは、金利が数%違うだけで返済額に差が出てしまいます。

例えば通常時8%のカードローンで100万円を借り入れ、3年間36回払いで返済する場合、月々の支払い額は約32000円、返済総額は113万2000円程となります。このカードローン会社から、仮に金利5%融資のキャンペーン中に借り入れた場合は、月々の支払いは約31000円、総額は約108万円となり、5万円ほどの差が生じることになります。
3年間で5万円の差を大きいと見るか小さいと見るかは個人の判断となりますが、カードローン利用者は融資を必要としている状況にあるため、5万円の差はシビアに受け止めることが重要です。また、このケースはあくまでも月々決まった金額の返済を考慮したもので、追加融資を受ける場合には更に大きな差となって現れることになります。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top