即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンのシュミレーションは簡単にできる

カードローンのシュミレーションは、比較的簡単にできます。その理由の1つが、カードローンは実質年利で表示がされているということがあげられます。事務手数料などの諸費用はかからず、コストとしてかかってくるのは利息だけなので、計算は簡単です。ただし、返済方法によっては、振込手数料、ATM利用手数料などもかかってくることがあります。なるべく手数料無料の方法で借入・返済を行いましょう。

カードローンのシュミレーションを行うときは、まずは毎月の返済額を決めましょう。金利18.0%で50万円を借りていて、毎月のリボ払いの最低返済額が1万円ならば、「残高50万円、金利18.0%、毎月の返済額1万円」という3つの項目で、簡単にシュミレーションができます。インターネットのサイトで、無料でローン返済シュミレーションができるサイトはたくさんあるので、いくつかを比較してみましょう。

ここで、リボ払いの最低返済額が1万円だったとしても、返済を早めたいので毎月2万円を返済していこうと考えている人は、毎月の返済額を2万円としてシュミレーションをするのが正しいでしょう。しかし、予定通りにいかない可能性もあるので、毎月最低返済額だけを返済していったケースについても、シュミレーションをしておき、最悪のケースではどのくらいの利息がかかってくるのかを知っておきましょう。

ボーナスが出たときに一括でまとめて返済をしようと考えている人は、ボーナスの金額がそのときになってみないとわからないので、正確な計算は難しくなります。しかし、そこまで厳密な計算結果を出す必要はありません。ある程度余裕がある返済プランを立てられていれば、状況に応じて適切な対応をしていくことができます。

カードローンのシュミレーションをしてみて、負担が大きいと感じたら、早めに借り換えなどを検討してみましょう。延滞をしていない段階なら、借り換え審査に通る可能性も高いです。返済が困難になる可能性があったら、債務整理なども検討が必要です。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top