即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンのデメリットを知って上手く活用しよう

世の中には自動車ローンや住宅ローンといった大きな買い物をするために、少ない頭金でお金を借りて融資を受けられる金融商品がありますが、生活費や交際費の足しにするために利用できるカードローンというものも存在します。カードローンは用途を限定せず、どんな目的であれ借りることができ、さらに無担保で良いということから誰でも手軽に利用できます。最初に契約さえしておけば、その後に限度額の範囲内であればいつでも借りられるため便利ですが、メリットに対してデメリットも存在している点に注意しなければいけません。問題は限度額内であればいつでも借りられるという点で、例えば10万円を借り入れして完済したとしても、その返済のための負担が生活費にかかるので、再び補填するためにお金を借りてしまうということにもなりかねません。

収支が普段の生活費を超えるような状態ならば問題ありませんが、返済額を含めて出費が上回ると返済が難しくなって滞納してしまうことも考えられます。特に1度でも借りてしまうと借金というより預貯金のような感覚に陥ってしまう人もいるため、使用者はお金を引き出すような気持ちになって何度も借り入れしてしまうようになります。カードローンは生活費の足しに利用できるのが強みですが、収入より上回るような借金をしては元も子もないので十分に注意したいところです。小遣いの範囲で利用するには難しいですが、冠婚葬祭や何らかのイベントでまとまったお金が必要になったと時には便利なので持っておいても損はないでしょう。また、カードローンは年間金利が15~18%ほどとなっていて、少額の借金ならそれほど苦にならないと思われがちですが、何度も利用していると利息分だけでかなりの金額を支払うことになります。例えば10万円借りて翌月には一括返済するというのであれば、さほどの利息はつきませんが、返済回数に合わせて利息は大きくなるので、最小返済額が3,000円からといったものでは返済は楽になりますが無駄な出費が増えることになることは理解しておくべきです。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top