即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローン申し込みのための必要書類

カードローン申し込みのための必要書類には、申し込みをする利用金額や、利用する機関にもより異なります。銀行でのローン利用の場合は、総量規制の対象外とないます。そのためローン利用の限度額の数字が、100万円以下のローン利用をできる場合ですと、申込者本人の収入書類を提出しなくても良いケースもあります。

でも総量規制対象となあっているローンの申込では、借り入れ利用の上限が50万円の数字を越えるときには、本人の収入を証明できる書類を提出する必要はあります。ほかの金融機関であるとか、賃金業者からの借入金額が、トータルで100万円を超える時などは、申し込みをする人間の収入を証明できる書面を、提出するように求められます。

賃金業者や金融機関よりお金を借りようとするときには、希望の利用金額には関係なく、申し込みをする人の本人確認書類を必ず提出をする必要があります。銀行系のローン利用希望のケースでは、契約者の収入証明は求められることがほとんどです。

サラリーマンやOLに公務員など、一般的に企業で勤務をしている、給与所得者の場合であれば、提出をする場合は、源泉徴収票か所得証明書です。所得証明は前の年の書面の発行は、毎年6月あたりに市町村よりの発行となります。その前の借り入れでの申し込みであれば、年末に会社から渡される源泉徴収票を用意しましょう。それで前の年の、自分が1年間働いた年収を早明することができます。

会社員は会社の方で年末調整もしてくれますし、書類も用意してくれるので楽なものです。すぐに準備できないというときには、給与明細の提出で良いこともあります。続けて2ヶ月分の給与明細の書面であり、それは間近の3ヶ月以内のものです。勤務先にお願いをして、再度の源泉徴収票を取得してもいいでしょう。後からでも源泉徴収票は、提出をしたほうが有利です。

本人確認の処理として、運転免許証やパスポートなども用意をしましょう、住民票や印鑑証明など、必要な書類を整えます。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top