即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

無職の人はカードローンを利用する事が出来るのか

カードローンは担保や保証人を必要としないタイプのローンとなっており、身分証明等を用意すれば利用する事が出来ます。
ただ借りたお金は計画的に返済する必要がある為、その人の収入によっても借入限度額が変わります。
また収入が多くても始めてカードローンを利用する時は金融機関からの信用度が低い為、借り入れ限度額は最低限に設定され、そこから利用実績を上げて行く事によって限度額がアップして行く仕組みです。

カードローンを扱っている金融機関は消費者金融や銀行等が有ります。
無職の利用については、その金融機関によっても可否が違っており、利用する事が出来る所もあれば利用出来ないとなっている所もあります。
利用不可となっているのが消費者金融です。
消費者金融は貸金業法によって管理されている金融機関で、貸金業法の中の総量規制に従って貸金業を営んでいます。
総量規制では年収の3分の1までの借入額にする事、と言う事が決まっており、それ以上の借入は消費者金融ではできません。
また年収が有る人のみが対象となっており、無職の人、全く収入がない人の場合は融資対象者とする事が出来ない仕組みです。
そのため、無職の人が自分名義でお金を借りる事は、消費者金融に於いては現在は不可能です。

しかし総量規制の対象となるのは貸金業法によって管理されている金融機関のみで、それ以外の所は対象外と言う事になり、無職の人でも利用する事が出来るようになっています。
銀行は銀行法によって管理されている金融機関なので、総量規制の対象とはなっていません。
そのため、無職の人で合ったとしても銀行が定めている条件を満たしていればカードローンを利用する事は出来ます。
ただ収入がある人に比べると融資限度額が少なめに設定されているため、それ程沢山借りる事が出来る訳ではありません。
また返済手段がなければ利用する事は勿論できない為、銀行であれば無職の人でも100%カードローンを利用する事が出来るという事では無く、あくまでも利用できる可能性があるという事になります。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top