即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンの取り立ては3ステップ

お金に困ったとき、消費者金融などのカードローンを利用する人は多いでしょう。24時間WEBで申し込みができ、提携のコンビニのATMからでもお金を引き出すことができる、利便性の高いカードローンです。保証人も担保も無く審査に通れば、融資限度額以内のお金なら、何回でもキャッシングサービスを受けることができます。こんなに間単にお金が借り入れできるのですから、お金が必要になるたびに借り入れする人はいるでしょう。返済計画を立てることなく、安易に借り入れを繰り返すうちに、返済ができなくなったしまう人も、中にはいます。

カードローンで借りたお金が、返済日までに返済できなかった場合はどうなるのでしょうか。返済日を過ぎて支払いをしないと、取り立ての電話がかかってきたり、郵便が届いたりします。取り立てのステップは、電話や手紙で取り立てが始まり、次に自宅を訪問して直接交渉します。それでも返済できない場合は、裁判所に訴えられることになります。
返済日に返済しなかったら、その翌日に女性スタッフから携帯電話に電話が入ります。電話に出なかった場合は、「折り返しご連絡ください」というメッセージが残っています。3日過ぎても返済も連絡もしなければ、男性社員から催促の電話がかかってきます。それでも、反応しないていますと、毎週、遅延損害金も含めた返済額が記載されている明細書が送られてきます。封筒には社名を入っていませんので、家族にすぐにバレル心配はありません。気になるのは、職場に取り立ての電話がかかってこないのだろうか、ということですが、職場には電話はかけてはいけない規則になっていかすので、かかってはきません。

取り立ての電話や手紙に、1ヶ月以上無視し続けていた場合は、自宅へ催促に男性スタッフが訪問します。家族と同居の場合は、訪問されることはありませんし、深夜・早朝の訪問はありません。
滞納して2~3ヶ月後に、裁判所に訴えられ、法の裁きを受けることになります。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top