即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

毎月の返済額を上げてカードローンの返済を早めるやり方

カードローンには最低限これだけは返済してほしいという額が設定されており、それが毎月の返済額ということになります。この返済額は設定された期間すべてを利用した場合に必要な額となっており、長くかければかけるほど支払う金利が増えてしまうという問題があります。とはいえ、多くの借金をすぐに返すことほど難しいものはありません。そのため、毎月の返済額を上げて、それでカードローンの返済を早めるということが求められます。

毎月の返済額を上げるといっても、最初のうちはそこまで上げる必要はありません。例えば、返済額を最低限のものから5000円増やすだけで十分です。すると1年間で6万円分上乗せされますが、50万円借りていた場合には1年後にはかなり圧縮することになり、返済時期が早まることになります。できるだけ多く返していけば、それだけ金利も少なくなり、元金の返済が進むことを意味します。そうなっていけば、毎月の最低限の返済額も減り、それまでは少し無理をしていたとしても自然に返済できる状況となり、多少無理してでも返したい場合にはますます返済スピードが上がることを意味します。

気をつけたいのは返す時に一気に返すものの、結局は足りなくなり、カードローンのお世話になってしまうというものです。ボーナスが入り、それのほとんどを返済に充てるというのは理想的ではありますが、結局それで足りなくなってしまい、また借りることになれば意味がありません。ご利用は計画的にという言葉がありますが、返済も計画的である必要がありますが、毎月の返済額から5000円多く返すというのは少しずつ無理をすることになるものの、そこまで苦しめさせるものではないため、気付いた時には楽になっていたという状況を生み出すことになります。まとまったお金を一気に入れるのではなく、例えば、日々の節約で捻出したお金を毎月の返済額に上乗せするということをして、返済時期を確実に早めていくということが必要です。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top