即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

アルバイトでもカードローンが申し込める

お金が必要な時に大いに役立つカードローンですが、アルバイトやパートなど比較的収入が少ない職業の人も申し込むことが可能です。

銀行や消費者金融など、金融機関がお金を貸す場合、必ず本人の返済能力を確認するための審査が行われます。審査基準は金融機関ごとに異なりますが、一番重要なポイントは本人に一定の収入があり、継続的に返済を行える能力があるかどうかです。審査で安定した収入があることが証明されれば、アルバイトやパートでも審査に通過する可能性は十分にあります

カードローンの審査では申告の勤務先に本当に所属しているかの確認や勤続年数のほか、借入希望額や他社からの借入件数、これまで返済に関するトラブルを起こしていないか等が審査されます。借入件数が少なく事故情報も無い場合、収入が少なくても安定しており勤続年数が長ければ、審査に通過しやすい傾向にあります。アルバイトやパートでは、正社員の人と比べると限度額はやや低めに設定されます。

審査に通過することを目的とするならば、必要最低限しか借り入れしない方が無難です。初回に申し込む時は、融資希望額を10万円程度の低めに設定しておくことで、計画性を持っていると判断されます。

返済期間に関しても、審査に通過する確率を高めるためには、短めにした方が好印象です。金融機関は、銀行カードローンと消費者金融によって、審査の厳しさや融資額などの基準が異なります。

一般的に消費者金融系の方が金利が高めに設定され、アルバイトやパートでもお金を借りやすいの特徴です

しかし消費者金融系のカードローンは、総量規制の対象となりトータルの借入総額が年収の1/3以内に収める必要があります。借入総額は1社ではなく他社を含めた合計の金額なので、収入が少ない場合は借入できる金額が少なくなります。

銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので上限は設けられていませんが、年収の1/3程度を融資の目安としていることが多く見られます。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top