即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンは給料で返済できる範囲で借りよう

カードローンは高額融資に対応したものが多く、500万円以上の限度額がポピュラーになっています。実際に借入できるのは年収の3分の1以内ですが、この範囲だから大丈夫とは言えません。大切なのは自分の給料で返済できる範囲で借りることです。

給料で返済が厳しいような借り方だと、返しては再び借りるという借り方になってしまいます。その結果、いつまで返済しても元金が減らないという状況になってしまうのです。

安全にカードローンを利用するためには、収支のバランスを把握しておく必要があります。毎月いくらまで返済できるのか把握しないと、借入額も決めることはできません。返済が厳しい金額の借入をしても、しばらくは借入・返済を繰り返しながらごまかすことができます。

しかし、カードローンの限度額いっぱいまで使用してしまうと、万が一のときに融資を受けられなくなります。カードローンは緊急時に重宝するローンであり、限度額いっぱいまで使い切るのは好ましくありません。半分程度の枠は残しておくのが好ましいので、例えば限度額が50万円なら25万円は使わずに残しておきましょう。

給料で返済できる金額というのは、自分でシミュレーションをして導き出す必要があります。給料の1割なら大丈夫などという話がありますが、肝心なのは収支のバランスを把握し、余剰したお金で返せる範囲で借りることなのです。

ある程度を貯金に回して、残りを返済に充てるという方もいますが、なるべく返済を優先させましょう。ローンには利息が発生するので、利息を抑えるためにも元金を早く減らすべきなのです。元金が減るほど利息も減るので、完済までの利息総額は少なくなります。

カードローンを安全に返済するなら、給料で返せる金額と考えるよりも、小遣いで返せる金額と考えるのがよいです。無理をした金額の借入をすると、後から返済が厳しくなりますから、借入前にシミュレーションをしておくことが重要なのです。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top