即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

貸金業者のカードローンは総量規制の対象

お金はいつどんな時に必要になるかわからないので、日ごろからしっかり蓄えておくことが大事です。

しかし、いろんな事情でお金を蓄えることができないケースもあります。どうしてもまとまったお金を急いで用意しなければいけない時は、知り合いに借金をする方法もありますが、誰にも迷惑をかけたくないというならば、金融機関や貸金業者が扱うカードローンを利用するといいでしょう。

担保や保証人などは必要ないので、誰にも迷惑をかけず自分の責任だけで借りることができます。ライフスタイルにあわせた、いろんなカードローンの商品を用意しているので、収入が少ないパートやアルバイトでも利用することができます。

初めてだとどこのカードローンに申込むか迷いますが、自分のニーズにあった所を選ぶことが大事です。急いで現金を用意しなければいけない時は、審査が早く即日融資に対応している業者を選ぶと良く、少しでも返済を楽にしたいならば、金利が低い業者を選ぶことが大事です。

気を付けなければいけないのは、カードローンを扱う業者の中には、総量規制の対象になる所があります。総量規制とは年収の3分の1を超えた借入ができない決まりで、消費者金融や信販会社などの貸金業者に適用されます。

なので年収の少ない人は思うような金額を借入できないことも多く、収入がない専業主婦などは、総量規制のある貸金業者では、申込んでも断られるケースも多いです。クレジットカードでキャッシングを利用する場合も、総量規制の対象になるので注意が必要です。

銀行や信用金庫などの金融機関では、総量規制の対象外なので年収を気にすることなく借入ができます。収入のない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば利用できる金融機関もあります。

総量規制は貸金業者の場合で、おまとめローンを利用して他社からの複数借入を一本化した場合は、総量規制の対象外になります。複数の貸金業者の返済に苦しんでいる人は、おまとめローンを利用すると返済がとても楽になります。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top