即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンの業者が営業停止になることってあるの?

カードローンの業者が営業停止になることはめったにありませんが、過去に前例がないというわけではありません。2006年に最高裁判決が出されて、貸金業法の「みなし弁済」が実質的に否定されたことで、過払い金請求が相次いでされるようになりました。その後、過払い金請求への対応などが原因で、経営状況が悪化して破綻してしまった業者もたくさん存在します。

大手の消費者金融が破綻してしまう可能性はかなり低いと思われますが、大手の消費者金融でも破綻をする可能性がゼロというわけではありません。特に、銀行グループに属していない純粋な消費者金融は、資金力が弱いという噂もあります。

カードローンの業者が営業停止になった場合、当然ですがカードローンは利用することができなくなります。例えば、限度額が50万円のカードローンを利用していて、そのうち20万円を借入していた場合なら、30万円分の枠が余っていますが、これを利用して借入をすることができなくなります。

業者が営業停止になったら、借金の返済義務がなくなるのではと期待する人もいるようです。しかし、借金がなくなるわけではありません。とはいっても、借金の残高が一括で請求されるということもありませんので、安心してください。延滞などをしていないならば、分割払いの権利は保有していますので、それまで通りに分割払いで返済をしていけば良いです。

業者が経営破綻してしまった場合には、債権が他社に売られてしまうことがあります。その場合には、返済先の会社が変更になり、振込口座などが変更になることがあります。振込口座が変更になったのに、それまでと同じ口座に振込みをしてしまわないように気をつけておきましょう

過払い金がある人は、業者が倒産してしまうと過払い金を請求できなくなってしまいます。倒産をしても過払い金の一部については回収できることがありますが、回収できる割合はかなり減ってしまいます。過払い金がある人は、早めに請求をしてしまったほうが良いでしょう。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top