即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンで収入証明書が必要な場合とは

お金を借りられるローンの中でも、比較的自由な用途に利用できるのがカードローンです。

カードを所持していれば、ATMや店舗窓口などからいつでも自由にお金を借りることができます。カードローンは、申し込みの時に利用限度額を決めてから金融機関と契約を行います。決められた利用限度額の範囲内であれば、いつでも自由に借り入れを行うことができるのが大きな特徴です。

カードローンに申し込む時、担保や保証人などを用意する必要はありません。しかし、どの金融機関に申し込む場合でも、身分証明書は必要になります。カードローンの審査は、主に運転免許証や健康保険証、パスポートのコピーなどを提出します。

お金を貸す人が信用できるかどうか金融機関は判断しなければいけないので、顔写真付の公的な賞味所は、本人の身分を証明する重要な判断材料になります。運転免許証やパスポートには、住所はもちろん顔写真も付いているので、金融機関に限らず、信頼性の高い証明書と言えます。

通常は写真付きの運転免許証を所持していれば問題ありませんが、運転を行わない人はパスポートを、パスポートも所持していない場合は健康保険証が必要です。審査に必要な書類は通常、これらの身分証明書だけなので、申し込み時に特別な書類を用意しなくて済みます。

カードローンは急いでお金を借りたい場合や、夜になってから融資を申し込みたい時にも便利です。ただし、融資限度額が一定額以上の場合、収入証明書が必要になります。収入証明書を求める基準は金融機関ごとに異なるので、借りたい金額が高い場合は事前に調べておきましょう。

運転免許証とパスポートを所持しておらず、さらに健康保険証も無い場合、住民基本台帳カードならば身分証明書として認められます。住民基本台帳カードは市町村で発行してくれるカードのことで、写真が付いているタイプと写真が付いていないタイプの2種類が存在します。身分証明書として使用できるのは、写真が付いているタイプのものなので注意しましょう。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top