即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンの審査と保証会社の関連性

多くのカードローンが担保も保証人もなしに、契約できるようになっています。特に保証人は本人以外の人を用意しなければならず、契約の難易度を高めてしまう要因になりますが、保証人が不要であれば、誰でも気軽に申し込み手続きにチャレンジすることができるでしょう。

とはいえ、保証する人物がいなければ貸したお金が戻ってこないリスクが高まり、そう簡単にお金を貸しにくいのが業者側の悩みです。リスクを回避する手段として、保証会社の利用があります。銀行系のカードローンの条件に保証会社の保証が受けられる人と記載されているのを目にするでしょうが、これこそが保証会社が存在する証拠です。

彼らは債務者である利用者と銀行などの債権者の間に入る形で存在しており、債務者の返済が滞った時に立替払いで債権者に返済分のお金を渡します。つまり、保証人と同じような役割を担っているということです。

その代わりに、今度は保証会社から立替払いをした分を債務者に請求するようになります。カードローンの業者が相手ではないのがポイントです。当然ながら支払いが遅れても、債務者は返済する義務が生じます。出来る限り早めに返済してください。

保証会社はカードローンの審査でも活躍します。審査といえばてっきり銀行が行うものだと考えがちですが、銀行と保証会社がそれぞれ行うものだと覚えておきましょう。在籍確認の電話連絡をしてくるのは大抵この会社です。少額融資の審査に関する実績や歴史を持っていますので、銀行は彼らの審査結果を参考に最終的な判断をすることが多くなっています。

審査に強い理由は他にもあり、信用情報機関の情報を確認する際に活躍してくれます。日本には3つの信用情報機関があり、銀行系と、貸金業に該当する信販系や消費者金融系に分かれています。銀行系では1つの信用情報機関の情報しか調べられないことから、貸金業系の保証会社の手を借りて、他の信用情報機関の金融情報を確認するようにしています。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top