即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローン審査で紹介される信用情報

銀行や消費者金融など、多くの金融機関では個人向けカードローンを取り扱っています。日常の買い物や飲み会など、遊興費としての利用が可能であり、お金が足りない時に気軽に少額を借り入れできることから、多くの人が利用しています。

近年ではスピーディーな審査により、申し込んだその日のうちに融資が可能となる即日融資をセールスポイントとしている金融機関も多く見られ、より便利にお金を借りられるシステムとなっているのが特徴です。

カードローンの申し込みは、20歳以上で安定した収入を得ている人ならば誰でも申し込むことができます。そのため、毎月定期的に収入を得ているパートやアルバイトといった仕事の人でも、限度額に注意すれば十分に審査に通過する可能性があります。

カードローンに申し込むと、どの金融機関でも申し込み者に返済能力があるか審査します。この審査は、主に信用情報機関に登録された情報を照会することで行われます。

金融機関ごとに審査の基準が設定されているので、信用情報と照らし合わせて基準をクリアすれば、審査を通過するという仕組みです。信用情報機関はいくつか存在していて、加盟している金融機関の利用履歴や借り入れ残高等を収集・管理しています。信用情報機関は、加盟している金融機関の問い合わせに応じて情報の提供を行うのが主な業務です。

金融業者は信用情報に申し込み者の事故情報が無いかチェックし、さらに職業や勤務年数、年収や他社からの借り入れ件数などをスコア化し、その合計ポイントが金融機関の基準をクリアしていれば、融資可能という判定が下されます。

これらは自動化されていることが多く、即日融資などのスピード審査に貢献しています。過去に支払いの延滞などを起こしていると、事故情報として登録されてしまいます。

事故情報は信用情報機関で情報を共有しているので、どの金融機関で事故を起こしても情報が残ってしまうのが特徴です。事故情報は永遠に記録されたままではなく、一定の年数が経過することで消去されます。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top