即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

複数のカードローンを利用して返済が滞ったとき

複数の金融機関のカードローンを利用してしまうと、月に何度も返済日が到来し、返済が苦しくなると、また他の金融機関からカードローンでお金を借り入れるという悪循環に陥ってしまいます。

このような悪循環に陥った状況のことを多重債務と呼び、弁護士の方や、司法書士の方などに相談すると債務整理の手続きを踏んで問題の解決を図ることができます。

債務整理の手続きの一つである自己破産の手続きは、お金を借り入れた人がたくさんの借金を抱え込んで経済的な破綻を引き起こし、所有している資産や、これから得る収入を見込んだとしても債権者全てに対する借金を返済できなくなってしまったときに、債権者に債務者が所有している財産を公平で適正に清算して、裁判所を利用して全ての借金を返済していく責任を免除してもらう手続きのことを指しています。

債務整理の手続きは、借金をした方が置かれている経済的な状況によって、とられることになる手続きも違ってくることになります。まずは、自分自身が行うべき債務整理の手続きの方法を弁護士や、司法書士などの法律のスペシャリストに相談するのが良い方法の一つになります。

過払い金の請求をする場合は、消費者金融が提供するカードローンだけでなく、信販会社が提供するクレジットカードのキャッシング枠の利用も過払い金として請求できる債務の対象になることがあるため、注意する必要があります。

長い期間で取引が継続することが、よくあり、過払い金の金額が多くなることが少なくないのが、信販会社が提供するキャッシングの利用になります。

クレジットカードは、ショッピング枠の方が利用される機会が多く、ショッピング枠の利用については過払い金の請求や、債務整理の債務の対象ではないことから、キャッシング枠を利用しても過払い金の請求や、債務を減額させる交渉は不可能だと思い込んでいる人は少なくありません。

キャッシング枠を利用したときの債務は過払い金の請求や、債務整理の手続きによって減額させる交渉をすることができます。"

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top