即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンの利率・年利の比較

カードローンの利率は利息に反映されるため、お得に借りるためにも利率比較は絶対に行いましょう。限度額、融資日数にこだわる方も多いですが、これらのポイントはさほど重要ではありません。

カードローンで借りられる金額は、初回は30~50万円くらいに収まるからです。借入限度額が最大800万円というローンもありますが、実際に最大値で貸すことはほとんどないため、限度額が大きくてもあまりメリットはありません。

融資スピードは大手のほとんどが即日対応なので、これも金利を重視する方にとっては、比較する意味はあまりないと言えます。もし融資スピードも欲しい方は審査時間が最短30分と表記してある業者がよいでしょう。

カードローンの利率は年利表記になっており、実質年率という単位が使われているのが普通です。1年間あたりの金利のことですが、正確には日数換算されるのです。5日間だけ借りれば、元金に加えて5日分の利息を支払いします

借りる金額、完済までの期間などは自分で変えることができますが、利率だけは業者判断のためどうにもなりません。
だからこそ最初から低金利で借りることが非常に大切になるわけです。低金利でカードローンを利用するためには、借入する金融機関の種類が重要となります。

消費者金融より銀行のほうが低金利ですし、さらに低いのが信用金庫・組合などです。後者は非営利のため利益を低金利として還元できるわけです。実質年率9.8%といった超低金利カードローンもあり、しかも希望額に関係なくこの金利が適用されますが年率が低いローンほど審査がかなり厳しくなる傾向があり、審査日数もかかります。

多くのカードローンは金利に幅があり、5.0%~17.8%などと記載されているでしょう。
こうした表記だと最高金利による融資になることが多いため、お得に借りるためには最高金利の利率に着目するべきです。

最高金利が低く設定されていれば、初回融資でも低金利で借りることが可能です。低金利で借りることは利息を抑えて、支払い総額を圧縮することにつながります。カードローンをゆっくり選ぶときは、限度額・融資日数よりも利率で決めましょう。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top