即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

遅延損害金はカードローンの利息とは別に計算される

期日までにカードローンで借りたお金を返済できないと、遅延損害金というペナルティが発生します。期日は契約で定められているものですので、利用者なら必ず守らなければなりませんが、お金が用意できなかったり、うっかり支払いを忘れてしまうと、期日の翌日から遅延損害金の支払い義務が生じます。

遅延損害金には利息と同じように金利が設定されています。多くの例で法律の上限値である20%の金利になっています。かなり高い設定であるため、支払額が増えやすいのが厄介です。金利はカードローンごとに異なりますので、実際に該当商品の詳細を見て確認しておいてください。

計算方法は通常の借入に対する利息の計算式とほぼ同じですが、気を付けなければならないのが、利息とは別に取り扱われることです。遅延が発生した時点で利息ではなくペナルティだけが発生する訳ではありません。利息についても返済までの日数が1日でも経過するごとに増える仕組みになっていますから、両方を合わせると相当な負担に膨れ上がります。

危険な状態ですので、1日でも早く返済を完了させる努力をしましょう。お金が用意できない状態ですぐに返済が難しいのであれば、至急利用中のカードローンの業者に連絡をしてください。適切なアドバイスをしてくれるはずです。

アドバイスを受けても実行が難しかったり、連絡が遅れてどうにもならない場合は、弁護士や司法書士といった借金問題の解決に協力してくれる専門家に相談します。債務整理という手段を用いて、業者と交渉して返済をしやすい状態にしてくれたり、借金の支払いが免責になる手段で対応することになります。

債務整理を利用すると約5年~10年は各種ローンやキャッシング、クレジットカードを契約できなくなってしまい、不便な生活を強いられます。

こうならないためにも遅延損害金が発生しないように、期日までの返済を欠かさないようにしましょう。無理な借入をしないことも重要です。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top