即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンの債務を債務整理で解決する

カードローンを利用しすぎて返済していくことが出来なくなってしまうと、更に違う金融機関が提供するカードローンを利用して債務が増えてしまうという負のループにはまってしまい、最終的には多重債務に陥ってしまいます。

多重債務の状態は、法律に従って債務整理という方法で解決することも可能です。

債務整理とは返せなくなった借金を司法書士や弁護士に依頼し、債権者と交渉の上、借金減額や将来の利息カットなどを行うことです。債務整理は自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求の4つをまとめたことを指します。

・よく聞く自己破産とはどのくらい期間がかかるのでしょうか?

申立から手続き完了までにかかる期間は早くて3ヶ月、平均して半年~1年ほどと言われています。平均がうまく出せないのは、同時廃止か管財事件のどちらになるかで自己破産の期間が大きく変わるためです。簡単に説明すると破産者の財産をできるだけお金に変える必要があるので、その仕事を任せる破産管財人を裁判所側で用意するかどうかということです。

・同時廃止事件にかかる費用

裁判所費用になりますが、相場として15,000円~45,000円程度です。

・管財事件にかかる費用

少額管財費用の場合はだいたい20万円程度です。管財事件の場合は50万円~80万円が目安となります。

・弁護士費用の相場

総額で40万円~80万円になります。この費用が高すぎた場合に裁判所から否認されるため、どこの弁護士事務所にしても大きく変わることはないです。

・自己破産費用が賄えない場合は法テラスを利用

法テラス(日本司法支援センター)とは法専門家にお願いしたいけど金額的に難しいという方を支援しています。こちらに依頼をすると専門家への報酬額が決まっているので、着手金が安くなることがあります。

成功報酬がなく、着手金と実費等となり、支払いは月々5,000円程度の分割払いが可能です。

カードローン比較

Top