即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

中小消費者金融のカードローンの特徴は

カードローンは主に銀行や消費者金融が提供している金融商品です。いずれも同じ内容の商品ですが、銀行カードローンの方が低金利、貸金業者の方が借りやすいという違いがあります。

お金を借りる時に一番に考えたいのは利息の負担を減らすことなので、それを踏まえると低金利の銀行カードローンがおすすめです。ただ、金利が低いということは審査が厳しいということでもあるので、人によっては貸金業者でしか借りられない可能性もあります。特に金利が10%を切るようなカードローンはある程度の年収がないと審査通過は厳しいでしょう。

消費者金融は金利が高いとはいえ銀行カードローンと比較してみると、法律上の上限金利の範囲ですし法外な利息負担がかかるわけではありません。

また、低金利で借りても返済が長期に及ぶと利息の負担は大きくなりますし、高金利で借りても返済が短期で済めば利息の負担は少なくなります。そのため金利にとらわれすぎる必要はありません。

加えて、貸金業者といっても大手消費者金融から中小の消費者金融まであるので、大手消費者金融なら一定期間、金利ゼロで借りることが出来ます。

上記で金利が審査に影響するといいましたが、消費者金融も同じです。大手に比べると中小消費者金融は金利が高い分、審査は緩くなっており、大袈裟ではなく各社のカードローン審査の中では審査基準が最も緩くなっています。

そのため、年収の低いアルバイトやパート主婦でも消費者金融なら借りられる可能性はあります。サービス面は期待できませんが、大手消費者金融には断られてしまったけど、どうしてもお金を借りたいという場合に利用を検討してみてください。

その反面では悪質な業者に引っかからないように注意が必要です。名が知れていないので自分で安全性を確認してから申し込みをしましょう。最低限確認することは賃金業者登録番号、金利、住所と電話番号です。

貸金業者は貸金業者登録の義務がありますが、固定電話の番号がないと登録できません。金利は利息制限法で上限が決まっているので、違法な金利になっていないかの確認も必要です。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top