即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンで虚偽申告はしない

カードローンを利用するには審査に通る必要があり、限度額などもこのときに決められます。そのため、虚偽申告をして審査に通り、高額の借り入れをしようとするケースがありますが、基本的にこのようなことは避けるのが無難です。

虚偽申告で多いものに年収があります。消費者金融では限度額が50万円を超えるか、他社との総額で100万円を超えると収入証明書の提出が必須ですが、銀行であれば300万円までは不要な場合もあり、この範囲の限度額であれば虚偽の申告をしてもばれないように見えます。

しかし、業界や勤続年数からおおよその年収は推定できるため、申告した年収が高いと収入証明書の提出を求められることがあります。

審査では他社からの借り入れも影響し、多いほど不利になるので少なく申告するケースがありますが、これもばれます。借り入れ状況は個人信用情報機関に記録されており、審査で参照するのでかけ離れていると虚偽の申告として落とされます。

無職の人がカードローンの契約をするときに、アリバイ会社を利用して虚偽申告するケースがありますが、これもばれる危険性が高い行為です。

アリバイ会社ではいくつかの電話番号を用意していたりしますが、金融機関でもこれらの電話番号はリスト化されているため気付かれます。

虚偽申告をしてばれてしまうと信用情報にも記録されるため、それ以降に正しい内容で申し込みを行っても審査に通らなくなってしまいます。気付かれずに契約できた場合でも、後から気付かれると強制解約と残金の一括返済を要求されます。

また、そもそも返済能力を偽って契約しても実際の返済能力が高くなるわけではないため、借り過ぎれば利息の負担が大きくなり、返済が困難になって債務整理に陥る要因になります。

無職なのに虚偽の申告で借り入れを行い、返済できずに自己破産しようとしても、返済する意思のない借り入れとして免責不許可事由に抵触し、返済義務から逃れられなくなることもあります。このように問題点が多くあるため、虚偽申告はやめましょう。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top