即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンを解約することのメリット

カードローンはいざという時のために1枚持っていると便利ですが、2枚以上持つことのメリットはあまりありません。むしろ、保有していることのデメリットのほうが大きくなることもあるので、気をつけておきましょう。

よく誤解されていますが、ローン審査で重要になる借入件数というのは、実際に借りている件数のことではありません。借入金額についても同様です。

カードローンを1枚持っていて、その借入残高がゼロ円であっても、借入件数1件として数えられ、さらにその限度額いっぱいの金額を借りているものと見なされます。クレジットカードについているキャッシング枠も同様です。

例えば、カードローンを2社から借りていて、限度額がそれぞれ50万円、40万円、さらにクレジットカードを1枚持っていて、それに付いているキャッシング枠が40万円だったとしたら、借入件数は3件、借入金額は130万円となってしまいます。

年収に余裕がある方なら、カードローン審査には問題なく通るでしょうが、年収が400万円前後の人の場合、かなりギリギリまで借りてしまっていることになります。

このようなケースでは、条件の良いものを1枚だけ残して、それ以外は解約をしてしまうのが良いです。クレジットカードについては、解約をしなくても、キャッシング枠をゼロにしてもらうだけでデメリットをなくすことができます。

海外旅行で現地のお金を引き出したいなど、必要になった時に一時的に枠をつけてもらうこともできるので、キャッシング枠は普段はゼロにしておくことがおすすめです。

カードローンを解約することで、借入件数と借入総額を減らすことができ、個人信用を上げることができます。自動車ローンなどの審査に申し込みをする前には、自分の持っているカードを確認して、整理しておくと良いでしょう。

銀行カードローンのように、金利の低いものならば、1枚持っておくと便利ですが、大手の消費者金融のカードローンなどは金利が高い上、比較的いつでも作ることができるので、利用をしていないなら解約をしておくことがおすすめです。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top