即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

年金受給者がカードローン以外でお金を借りる方法

高齢者はカードローンや、長期で返すローンの審査に通りにくいので、金融機関からお金を借り入れることが難しくなってきてしまいます。

年金受給者がお金を借り入れたいときには年金担保貸付制度を利用した年金担保融資を使う必要があります。民間の金融機関は、本来年金による収入を担保に設定して、お金を貸し付けることをしないように定められています。

しかし、公的な機関である「日本政策金融公庫」や、「独立行政法人福祉医療機構」という二つの組織では、年金を担保にした貸付をしています。

独立行政法人福祉医療機構が行っている、お金の貸し出しのときには、貸し出すことが可能になるのは国民年金か厚生年金を受給している人だけになります。

独立行政法人福祉医療機構からお金を借り入れたら、その後に入ってくる年金は、独立行政法人福祉医療機構が一度受け取り、返済する必要がある分の金額を差し引いて、そのうえで、残った金額をお金を借り入れた方が持っている口座に振り込みをするという形で返済していくことになります。

また、お金を借り入れるためには連帯保証人を設定することが必要になります。独立行政法人福祉医療機構が貸し出したお金を手に入れることができるのは、申し込みの手続きを行った日から、およそ三週間ぐらい経過したときになります。

独立行政法人福祉医療機構からお金を借り入れる申し込みの手続きをするときに必要な書類は、年金証書や、借入申込書、申し込んだ時点で支給される金額がいくらかであるかを証明する書類などがあります。

しかし、それだけでなく、写真がついている本人確認が可能な書類や、実印による印鑑証明書なども必要になります

独立行政法人福祉医療機構からお金を借り入れる申し込みの手続きをするときに必要な書類は、年金証書や、借入申込書、申し込んだ時点で支給される金額がいくらかであるかを証明する書類などがあります。

しかし、それだけでなく、写真がついている本人確認が可能な書類や、実印による印鑑証明書なども必要になります。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top