即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

カードローンは相続を放棄することもできる

親が死亡した際に遺産を相続することになりますが、財産の中にカードローンなどの借金が含まれていることがあります。このようなときにローンを引き継いで返済するかどうかは選択できます。

遺産相続は放棄することもでき、手続きとしては家庭裁判所に申請するだけです。これは自分が対象になったことを知ったときから3か月以内に申請する必要があり、期限を過ぎてしまうと放棄できなくなります。

また、カードローンなどの借金だけを放棄することはできず、現金や不動産などのプラスになる財産も全て放棄しなければならないため、遺産の合計がプラスになるかどうかを確認してから申請しましょう。

生前から財産について把握していれば時間はかかりませんが、もし調査に時間がかかり、3か月以内に間に合わない場合には延長の申請を行うことで期限を延ばしてもらえることがあります。

なお、財産を一部でも使ってしまった場合は放棄できなくなるので、扱いを決める前に使わないように注意しましょう。

遺産相続をした後にカードローンの返済が終わっていないことが発覚することもありますが、既に相続してしまっていると放棄はできなくなります。

このような不安がある場合の対応として、限定承認があります。これは財産のプラスの範囲で借金などを引き継ぐものであり、相続した後に借金の方が多いことが分かっても実質的に放棄したものと同じ形になります。

ただし、手続きが複雑になり、相続人全員の同意が必要となることに注意が必要です。

なお、遺産相続を放棄していても借金を引き継いで返済するべきであると迫ってくるカードローン業者もいます。道義的にはこのような訴えは理解できるところもありますが、法律上は放棄しているので借金の返済義務はないため、それを説明して拒否できます。

説明しても諦めずに返済を迫ってくる場合、違法行為になるので弁護士などの専門家に依頼すれば取り立てをやめてもらえます。返済しなくても済むように相続を放棄しているので、根負けして応じてしまわないようにしましょう。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top