即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

未成年者であってもカードローンを利用できる可能性があります

いまの日本では、未成年が自分の意思だけでお金を借りることは、基本的に認められていません。

もしキャッシングやカードローンを申し込んでも、審査で落されてしまうのが圧倒的多数です。日本の民法では、未成年には契約行為が認められていないのです。ですから、未成年が交わした契約は後で取り消すことが可能なのです。

未成年者は原則、法定代理人の同意を得なければ、お金を借りることができず、そういった事情があって、審査すら受けさせず、門前払いをしている業者が少なくありません。

業者の中には、未成年者へのキャッシングやカードローン契約を可としているところもありますが、その場合も、親権者の同意を求めているのが現実です。

ただし、一定の条件を満たしていれば、未成年者であってもキャッシングが認められることがあるのです。なお、民法上で言うところの未成年の意味は、20歳未満を指しているわけではありません。厳密に言えば、未婚の20歳未満、と定められているのです。

言いかえれば、婚姻していれば、20歳になっていなくても、成人としての法律的処遇を受けるのです。とはいえ、この規定が金融機関のすべてに無条件に適用されることはありません。

実際には、多くの金融機関が、既婚であっても、年齢が20歳に達していなければ、キャッシングやカードローンの利用はできない状態にあります。

ちなみに、未成年であっても、キャッシングの審査を通過する可能性があるのは、次の3つのケースが該当します。

・学生が、親の同意を得て学生ローンを申し込んだ場合。
・既婚者であって安定した収入がある場合、あるいは、親の同意のもと、会社を経営している場合。
・クレジットカードのキャッシング枠が認められた場合。

各クレジットカード会社によって基準は違いますが、既婚者であるとか、収入が安定していることを条件に、認めている事例があります。

なんにせよ未成年が何かを契約するといのは出来る限り避けた方がよいでしょう。国が制限を設けているということは犯罪に巻き込まれないようにしているという背景もあります。仮に成人になったとしても親や上の世代に相談してから行動に移せると失敗はないでしょう。

カードローンの説明はこちら

カードローン比較

Top